株式会社 永水 はBOX OF IRON HOUSEの愛媛支店・正規代理店です
四国全域にわたり 純国産MADE IN JAPANコンテナハウスを提供する唯一の会社ですので安心してご利用いただけます 
  

コンテナハウスで宿泊者50人規模のドミトリー施設を創る

夏に向けてマリンレジャーはいよいよ本格化

レジャースポットだけの話ではありませんが近年の宿泊施設不足は深刻なもの。東京オリンピックでの来客や増加する外国人観光客へ提供できる宿泊施設は圧倒的不足状態で、行政や自治体では「民泊」を対策として推奨しています。そこで今回は、お客様から問い合わせの多いマリンレジャー関係のコンテナハウス宿泊ユニットの特集とさせて頂きました。
レジャースポーツといえば個人より友人、知人、またはチームで宿泊するケースが多いですよね。民泊ではさすがに収容しきれませんのでゲストハウスやドミトリーといった共有宿の選択がベストなのです。外国人は昔から馴染みがあり長期旅行には当然活用してきました。日本でもかなり前から浸透し今ではシェアハウスは当たり前の時代です。
スポーツを終えた仲間同士で過ごす宿は楽しく賑やかで一生の思い出になるでしょう。
 

おしゃれな外観と快適空間

コンテナハウスと聞くと「暑い」イメージをお持ちだと思いますが、内外装の仕様(仕組み)は一般住宅と同じで断熱材と遮熱塗装で快適な空間になります。一般の住宅でも真夏の暑い日中、家に帰るとモワッと暑いですよね。そこで慌てて皆さんはエアコンのスイッチを入れると思います。そこからの温度低下が早くて温度維持が長時間続くのがコンテナハウスなんです。隙間のない超高気密な造り、四角い箱状は空気の流れが行き届きやすく空調設備が整っていれば食品などの倉庫にも適しています。
あとは外観ですね。塗装は基本3重の重ね塗りで、仕上げ塗装はお客様希望の色やデザインに出来ます。ステンシル文字のカッティングシートを貼ればより独特なカッコ良さが出て、オプションの螺旋階段と屋上デッキを組めばレジャー感がかなり増します。

このプランでは宿泊棟として30ft(9m)に2段ベット4個、20ft(6m)に2段ベット2個、トイレ棟として20ft(6m)トイレ6台、シャワー棟として20ft(6m)シャワーユニット5台、受付棟として30ft(9m)としています。
宿泊棟と水回り棟を単体としておけば移設や移転の際、簡単に運ぶことが出来ます

マリンレジャー宿泊施設

クリックすると拡大します。 

建築確認対応コンテナハウスって?

建築確認対応コンテナハウスとは、海上輸送などで使用されている、ISO(世界基準)コンテナを、日本の建築基準法に基づいて製作する国産コンテナハウスです。
中古コンテナを改造して販売されているものは、多々みうけられます。この中古コンテナですと日本の建築確認法をクリアできませんので、建築確認申請の取得が困難になります。
その理由として、次の事が挙げられます。
まず鋼材のJIS規格の証明が出来ません。さらにサビや凹み等もございますので、欠損や劣化があるとみなされてしまうからです。
新造コンテナについては、現在コスト削減の為、海外でコンテナを製作している会社がほとんどですが、海外製はかなり精度が悪く、不具合が生じやすいという現状があります。
そのため、弊社ではスタッフの高い技術をフルに発揮し、国産の新造コンテナを製作しております。
精度・JIS鋼材などの事も踏まえ、国産の新造コンテナをお勧め致します。 
お気軽にお電話ください 
 
気になったらブックマーク・シェアお願いいたします